ja 住宅ローンの35年固定

             メニュー

 

 

・ja住宅ローンを組む際に金利と35年固定にするのは

 

・ja住宅ローンの35年固定返済額シュミレーションについて

 

・ja住宅ローンを借りる時の審査や35年固定について

 

 

ja住宅ローンを組む際に金利と35年固定にするのは

 

家を増築しようと思い、jaバンクのja 住宅ローンで住宅ローンを組むことになりました。今は金利水準が下がっており、35年固定なども念頭に資金調達するのに時期的にもよいと思ったからです。

 

住宅隠喩公庫でローンを組もうと思ったのですが、元の家は父親名義なので、家の名義をそのままにして父親名義にすると、増築した家については父親に贈与したことになってしまい贈与税がかかる。父親は国民年金年金受給者なので、父親の名義ではローンを組めない、なので元の家を生前贈与してもらい、私の名義に変えてからja 住宅ローン を組む方が、かかる税金が安くなると言われました。

 

それでも元の家の贈与税もかなり高額なので、みずほ銀行に住宅ローンのことを聞きに行くと、家の名義は増築した分だけを私の名義にすれば大丈夫ということだったので、みずほ銀行でローンを組むことにしました。増築を考えたときは、税金などのことは考えませんでした。

 

工事が完了すると、取得税の徴収もありました。家を建てるときは、金利以外にも税金とか、建前などの経費が必要であり、またそのほかにもいわゆる、めくら金というものが必要となるということを頭に入れておかないとだめだなと思いました。

 

35年固定だと計算もしやすいですが、あまりにも長いので考えます。

 

・ja住宅ローンの35年固定返済額シュミレーションについて

 

住宅ローン 

 

ja 住宅ローン など多くの住宅ローンを取り扱う金融機関では、WEBサイトなどで返済額がどのくらいか、35年固定や変動金利の返済額シュミレーションなどで自分で計算できるようになっています。パソコンだけでなくスマートフォンなどでも使えて大変便利です。

 

実際に住宅ローンに加入する前に、大まかな返済額などを確認できます。毎月の返済額やボーナス月の返済額なども確認できます。実際の返済額シュミレーションの使いかたは金融機関にサイトによりますが、借入希望金額(半角英数)や返済期間、ボーナス返済割合などを入力するだけで、返済額が計算できます。

 

取扱手数料やローン保証料なども入力して試算できる会社もあります。農協、jaバンクのja 住宅ローン や銀行などどの金融機関で住宅ローンの借り入れを行うのか検討するときに役に立ちます。35年固定でも表面金利だけでなく、取扱手数料やローン保証料などを加味した実質金利での返済額が計算できます。

 

結局審査でNGという場合もありますが、色々な金融機関でこの試算を行い、最終的にどの金融機関で借り入れを行うのか決定する必要があるのです。

 

・ja住宅ローンを借りる時の審査や35年固定について

 

ja 住宅ローン など住宅ローンを借りる時は、事前に当該金融機関における審査が必要です。審査を通過しないと住宅ローンの借り入れができません。審査のポイントは色々ありますが、ブラックリストに掲載されているや、過去に何度も消費者金融等で借り入れを行ったなどいろいろなポイントがあります。

 

年収と比較して返済額が大きすぎることや勤続年数が短いことがネックとなり借り入れできないこともあります。現在、消費者金融の借り入れがあることもマイナスポイントですので、注意しましょう。審査結果の通知は、審査を行った事業者から電話だけ終わる場合と、電話に加え郵送物の送付がある場合があります。

 

審査に通過しなかった理由は通常開示されず、電話連絡のことが多いです。特段、審査結果のレポートなどの送付はありません。事業者に理由を聞いてみても、通常「総合的に判断した」という回答になります。

 

個別の審査基準に関しては回答できないというのが金融機関側の判断なのです。
35年固定だと審査基準も厳しくなるかもしれません。

 

農協、jaバンクのja 住宅ローン などは店頭で相談もできます。